スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

星を探す

【モチベーション】
トレーニングを続けていて、「何のために?」を考え始めるのは決まって心が弱っているときです。
過重な残業、神経をすり減らす日常。
でも深夜に帰ってローラーを回す。回す元気がなければせめてものストレッチでお茶を濁す。

それが、ここ一週間、ついにできなくなりました。
トレの疲労が翌日の仕事を辛くする…
そんなことを言い訳に、仕事の効率を維持するためと自分にうそぶきながら、ただトレーニングをサボる。

モチベーションが落ちています。


【身体を作る】
聖クライマー、パンターニは173cm/57kg。
今いちばん伸びしろのあるクライマー、マイカは同じく173cm/62kg。

転じて私の現在の体格は174cm/67kg。
ただ、当然、筋量や体脂肪率はプロレーサーと比べるなど失礼にも程があるぶよぶよのクソ数値です。
ここから推定すると、私が今後サラリーマンを続けつつお粗末ながらも自転車乗りとしての自信を持っていようとするなら、最低でもあと4~5kgの減量が必要なはず。

せめて少しでも回る脚を維持して、余分な贅肉を絞る。
「仕事のスタミナ維持に必要な脂肪」なんて世迷い事は、頭のほんの片隅からも駆逐するべきでしょう。
…どこかで気持ちを引き締めないと、本当にこのままモチベーションが損なわれてしまいそうで恐いです。


【フォイクトに学ぶ】
2014年に現役引退したイェンス・フォイクト。
不屈の精神性と武士道にも似た潔さをもったドイツ人のルーラー。私が最も憧れた選手の一人です。
2013年シーズン初、ツアー・ダウンアンダーを走った彼のバイクには
「走行距離805,000km、消費パスタ3,100kg、縫合110針、落車100回、64勝、40歳、ボルト25本、地球16周、骨折11回」
と刻まれていたそうです。

ここに一つ、答えがあります。
何のために?
…「その先」にあるはずの、まだ見たことのないものを見てみたい。フォイクトみたいに。
すこし大袈裟でしょうか。
フォイクトほど深遠な「その先」は覗けないでしょうが、小さくとも自分なりに納得感のある景色が見えれば十分なんです。

明日から練習を再開しましょう。
何だかんだ理屈をつけて、ずっとトレをサボりました。
休養は十分です。

貧弱な脚では、遠くへ行くこともできません。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

スポンサーサイト
2016-02-15 00:23 : 雑記 : コメント : 2 :

イヌブログ

【メロメロ】
なんというコトでしょう。
ナナと遊ぶのが楽しすぎて外へ出られません。
オフシーズンを言い訳に、トレーニングもおサボりです。

飛びかかられて楽しい、

P1000700.jpg


眺めて楽しい、

P1000712.jpg


齧られて楽しい。

P1000711.jpg


もちろん、甘やかしてばかりじゃありません。
しつけだってちゃんとします。
…ええ、そのうち。たぶん。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

2016-02-11 21:45 : 雑記 : コメント : 2 :

イヌがきた

【ボストンテリア】
昨日、わが家にイヌがやってきました。
生後2か月のボストンテリアです。
女の子なので「ナナ」と名付けました。


【おてんば】
この犬種は性格がスマートで飼いやすい…という前評判でありましたが、それはあくまで「一般的に」の話でイヌもヒトと同様それぞれ個性があるのは当然の話です。

ウチへ到着するやさっそくご近所のイヌ好きの皆さんへのお披露目となりましたが、そこでナナは初めて会うヒトの群れに怯えもせずむしろお愛想全開で飛び回っておりました。

一方、歓迎のセレモニー(笑)が済んでマイペースを取り戻すにつれ、

噛む、

P1000682.jpg


暴れる、

P1000688.jpg


飼い主の尻を噛む、

P1000694.jpg


捕まる、

P1000698.jpg


閉じ込められる、

P1000699.jpg


の繰り返しです。

生来、ブルドッグの血統が交じっているこの犬種。
思いのほか気が強いようです。
まだほんの幼犬でありますが、叱ると立ち向かってきてマジ噛みで応戦します。
おかげで初日から私と嫁はんの手は流血の憂き目をみました。

イヌの育て方にもきっとコツがあるのでしょう。
一緒に暮らし始めてまだ1日。
これからじっくり勉強させていただきます


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

2016-02-07 16:50 : 雑記 : コメント : 5 :

動物語検定

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

【声なき者の声】
自然に囲まれた道を自転車で走っていると、ふと何者かの声が聞こえることがあります。
“そっち雨とちゃう?”とか、
“何してんのん?”とか。
短く、意味なく、声なき声で。

それは意図して聞こうとしてもかなうものではなく、たいがいこちらがボケーッと昼飯のことなど考えている時、不意をついてやってきます。
「無心」といったような気高く構えた瞬間ではなく、ただの「無為」のさなかに訪れるもののような気がします。


【世界を拡げる】
自転車というアウトドアな趣味のこと。
そこかしこに息づく数多の者たちと対話ができたならば、この世界は重層的に深まります。圧倒的に拡がります。
風土に備わる万象との豊かな交誼が約束されます。


【動物語検定】
目指すはTOEICのハイスコアでもマルチリンガルでもありません。
私はこっちです。
動物語。
いいじゃないですか。役に立ちますヨ、これ。

動物語検定
※なお上表は東風の独断と偏見に基づいて作成されたものです。ご了承ください(笑)

私は検定でいくと3級…ですね。今のところ。
哺乳類の課目がやや苦手です。
今年はさしあたり2級を目指したいと思います。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
2016-01-01 13:47 : 雑記 : コメント : 2 :

備忘録(ポジション)

【セッティング要録】
・サドル高…685mm
・サドル先端~ハンドル中心…490mm
・跨った時に「ふわっ」と身になじむこと
・軽負荷+ケイデンス110~120でヒザに余分な負担を感じないこと
・軽負荷+ケイデンス110~120で尻がバンプしないこと
・目をつむり重力ペダリングで軽負荷+ケイデンス85~90を5分間維持できること
・サドル角度はパッドのないウェアで尻がカチッとはまる位置を確認
・ハンドルを送り気味にセットしてサドル前部の圧迫を軽減
・登坂専用にセットの場合はサドル高+5mm、サドル前後+10mm前出しから再調整
・踏む乗り方へ戻す場合はサドル高+7mm、サドル前後+12mm前出し、ハンドルをブラケットほぼ水平までシャクってから再調整

P1000641.jpg


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

2015-12-13 20:52 : 雑記 : コメント : 4 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

東風

Author:東風
中学38年生(H28年度)
超本格派ローラー台乗り
脚質:猫パンチャー
特技:後悔

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。