スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

SIGMA DP1x

【旧式のカメラ】
久しぶりの更新は、カメラの記事です。

以前、マニアの友人に勧められて購入したものの、あまりの使いにくさに閉口しそのままお蔵入りさせていたカメラ。
SIGMA DP1x(2011年発売)。
きまぐれに引っ張り出してみました。

コンデジのくせに、異様に使いづらい。
撮影の条件に制限が多く面倒くさいうえに、でかくて重い。
しかし、
画質は飛び抜けて良いらしい。

正直、カメラの知識はゼロなので何がすごいのかわかりません。
とりあえずブログ用に圧縮してもできるだけデータサイズを詰め込めるようPNG形式で保存してみました。(カメラ本体はRAWというファイル形式のみ対応で、撮った写真は専用ソフト使ってしか見れません…)
よければサムネイルをクリックして開いてみてください。

s-SDIM1487.png

s-SDIM1511.png


詳しい方いらしたら、このカメラのどの辺が優れているのか教えてください。(笑)



スポンサーサイト
2016-11-06 21:33 : モノ : コメント : 3 :

固定ローラー台とカーボンフレーム

「べつにダメじゃないけど、お勧めはしない。」
ネット上にあまたある先達のご意見を集約すると、こんなところじゃないでしょうか。
カーボンフレームで固定ローラー台を使用することについては。

`よくない'とする指摘の内容は、ほぼ一点に絞られています。
それはペダルの漕ぎ手が乗車した状態で車体の横振れが発生した際、フレームのチェーンステイ部分に集中して大きな負荷がかかる…というもの。
こと最近の軽量カーボンバイクに関しては、フレーム素材が薄くできているので場合によって破損の可能性も懸念されているようです。

しかしまあ、
私のデダチャイは軽量フレームじゃありませんし、乗り方だって多少モガきはするもののダンシングまではしません。
むしろ当面のテーマは『いかに車体を揺らさずペダリングするか』です。

そういう意味で今のところ`固定ローラー×カーボンフレーム'の組み合わせをあまり気にすることはありません。
…ありませんが、一方で何か打てる手があるなら対策しておくのも悪くない。

そこで、コレ。
ローラー台そのものに多少の横振れの余地を与えて、ダンパーでいなす方法です。
自転車のフレームにかかる負荷をローラー台に転嫁して逃がします。

P1000598.jpg

P1000599.jpg



ダンパーはじつにシンプルなものです。
ホームセンターで売っている厚手の硬いスポンジと、洗濯機・エアコン室外機用の制震台座ゴムを重ねてローラー台の脚の下へ敷くだけ。
費用も1,500円程度で収まります。

で、肝心の効果は…
うん、なかなかいい感じです。
硬すぎず柔らかすぎず、思った通りうまい具合に揺れを吸収してくれます。
おまけに、「揺らすまい」としてペダリングしていたつもりでも、自分の身体が横方向へけっこう振れている(!)ことも分かりました。

ほんの思いつきでやった割には効果大のような気がします。(笑)
よろしかったら、どうぞお試しあれ。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

2015-11-15 21:49 : モノ : コメント : 2 :

回転系のハナシ

あれこれと用事の重なったこの週末。
メンドクサイのでブログの更新はやめとこう…と思いつつ、やはりちょっとだけ書いときます。(笑)

先日走った「アルプスあづみのセンチュリーライド」。
これに向けて、私は自転車の改良を一つ加えました。

トーケンのBBです。

P1000308.jpg



これ、現物を指で触ってみると分かりやすいのですが、デュラの純正BBを回す感触が
「ウニュウニュウニュ(やや抵抗がありつつ滑らか)」
だとすると、こちらトーケン製は
「スルスルスルスルスル(不安になるほど軽い)」
という印象でした。


このほか、回転系のパーツはすでに、

デュラペダル

P1000314.jpg


デュラプーリー&デュラチェーン

P1000318.jpg


フルクラム・レーシグング3

P1000312.jpg


…を組み込んでありますので、これでひとまず完了といったところでしょうか。


余談ですが、
ショップ点検の際にホイールハブをグリスアップしてもらったところ、あの独特のラチェット音「ギーーー」「ジィーーー」くらいに小さくなっていました。
しばし感心。

やっぱり注油は大事です。(笑)


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

2015-05-31 22:54 : モノ : コメント : 4 :

1500円の大満足

昨日もローラー、
今日もローラー、
明日は出勤。世間は日曜ですが。

まあ、何にせよもうちょっと…もうちょっとです。
いろいろ内側にため込んだ分、春になったらバーーッと走りたいな、と。

だから今のうちからローラー回しときます。グルグル、グルグル。


ところで。
フラストレーションの解消に、ちょっとした買い物をしました。
CATEYEのメーターブラケット。あの通販サイトで送料込み1,318円也。

注文から3日ほどで届いたので、さっそく取付けてみます。

<装着前>
P1000077.jpg


<装着後>
P1000085.jpg


…おお、これはなかなかヨロシイ。
ハンドル周りがすっきりです。
樹脂製で軽いので重量も気になりません。

<横から見るとわかりやすい>
P1000086.jpg


お手軽1,500円たらずのコストで大満足です。
見た目がすっきりしたからといって走りがよくなるワケではありませんが、「気分」も大事。
これでまた少し、ロードへ走りに出る楽しみが増えました。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

2015-02-21 20:46 : モノ : コメント : 2 :

シューズの話

週末。
日曜の午前中なら自転車に乗れる時間が取れそうだったのですが、早朝に外を見てみると路面は完全にウェット。
明け方に降った雨水が乾かなかったようです。残念ながらこれでは走れません。

仕方ないのでまた室内ローラー台練習に切り替えです。
軽いストレッチの後、中負荷で10km、強負荷で10km。計20kmを1時間ほど回しました。

それにしても、外を走らないおかげでブログのネタがついモノ関係に偏ってしまいます。(苦笑)
今回はシューズのお話で。

**

シューズの重要性について、私はずっと長い間これを甘く見ていました。
…というかロードバイクに乗り始めてから何年も、完全にナメ切ってまるで気にも留めていませんでした。
正直、
「シューズが大事大事って雑誌によく書いてあるけど、そんなの誌面作りの都合でライターさんに無理やり書かせてんだろ? 」
「ペダル踏むのにクリートがついてりゃそれで十分、靴なんて関係ねーよ」
とまあ、こんな具合です。

なので、現在履いているシューズを購入した際にも、できるだけつま先が楽な、サイズが実際より大きめのガブガブのものを意図的に選びました。
足の小指を無理やり内側にひん曲げられる窮屈感がどうにも嫌だったので、つま先のリラックスを優先した格好です。

こんな調子で足型に合わないものを長年使っているうち、シューズは前端の硬い皮革で成形された部分が歪んで変形してしまいました。
まあ、よく見ると「中で足の指はどうなってんのヨ、それ?」という感じで今に至っています。

DSC01373.jpg


しかし。
しかし、しかし。

ここでも、転機は`team 4U'によってもたらされました。(←またかよ、って言わないでくださいねw)

編集長さんが「さて、これから踏むぞ!」って時にシューズのベルトを締め直している姿をちょくちょく見かけました。
バンブーさんが「このシューズ、足にぴったり合ってるからなかなか換えられないんスよ」って言ってたのも耳に残ってます。

こんなことがきっかけになって、いよいよ私も
ひょっとしてシューズって本当に…重要?
と思い始めるようになりました。

そうなれば善は急げです。シューズのリペアをさっそく試してみることにしました。
目指すはあくまでリペア。低コストで使用感をバッチリ改善、です。
つい先日サドルを買ったばかりなので新しいシューズのポチなど許されるはずがありません。

調達したのはシマノのシューズ用インソール(2,340円)とメーカー不明のつま先専用中敷き(500円)。
サイズはシューズより1つ小さいものにしました。

DSC01375.jpg


インソールは、ノーマル品の中敷きの上にかぶせるとつま先部分で丁度いいのですが、その厚みの分かかとが浅くなり、強くペダルを踏むと靴から足が抜けそうになります。
これを解決するため、靴の量販店で売っているつま先だけの中敷きを使用してみました。

で、気になる使用感について。
先日、インソールをノーマル品と2重にしてかかとが浅いまま東京ヒルクライムのコースを走りましたが、シューズのフィット感自体はそれでもけっこう改善していました。

そして今回、つま先だけ中敷き+インソールを試してみたら、さらに

まだローラー台でテストの段階ですが、高負荷で回した際にクランクと脚の繋がってる感(?)が増したというか…
とにかくはっきり体感できるほどペダルが滑らかに回しやすくなっていました。
これまでの足元のゴワゴワは一体何だったのでしょう。。

やはり、足に合ったシューズは大事でした


低コストリペアも上手くいったみたいですし…
なかなか好かったんじゃないでしょうか。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

2014-11-02 14:42 : モノ : コメント : 4 :
ホーム

プロフィール

東風

Author:東風
中学38年生(H28年度)
超本格派ローラー台乗り
脚質:猫パンチャー
特技:後悔

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。