スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

デダチャイづくし

反省。
この週末の私のダメ人間っぷりといったらもう…
いやもうほんとダメダメの見本なので、自戒の意味をこめてその全生活を晒します。

■11月28日(土)
朝6時、実走トレで外へ走りに出ようと意気込むも、寒さに心折れて「午前中に走ればいいや」と二度寝

二度寝から起床後すぐ、一昨晩の残りシチューと昨晩の残りカレーを夢のダブル食いし、朝っ腹から超ハイカロリー摂取。

朝食中に昼の用事が入りクルマで外出。結局、自転車に乗らない

用事の流れで昼食はラーメン屋へ。塩分・脂分濃厚なラーメンを馬食い

帰宅後、申し訳程度にローラー台10km。

夕刻、旧友との飲み会のため外出。ディーープな会話を肴に、我を忘れて大食・快飲

飲み会からの帰宅途中、何を思ったか〆の濃厚ラーメン(本日2食目)を一人で敢行。

深夜、風呂にも入らず寝落ち。

■11月29日(日)
強力な二日酔いで撃沈。午前中を通して起床ままならず、頭痛薬を服用。

二日酔いからの鬱状態、および前日の過剰なカロリー摂取を猛省し、朝・昼飯抜きを決意。

頭痛薬が効き少し身体がラクになったのでローラー台を回す。20kmを目指すも高負荷に心折れて10kmでギブアップ

トレーニング後のシャワーの際、浴槽を掃除して若干ポイント回復。

日用品調達の運転手を買って出て若干ポイント回復。

鬱状態と向き合いながらブログ書き (←いまここ)


…こうして整理すると、とくに二日目(今日)がヤバイですね。
鎮痛剤服用+水分不足+食事抜き+負荷かけた運動
コンディション立て直しどころか、メチャクチャ身体に悪いコトしてるやん。。

あーー、しょーーーもな…。



で、今日の本題。
ローラー台回してたら、あっちこっちにデダチャイ、デダチャイ、デダチャイのロゴ。
気になりました。いったい何個書いてあるんでしょう?

数えてみます。

P1000618.jpg P1000619.jpg

P1000621.jpg P1000622.jpg

P1000623.jpg P1000624.jpg


ざっと25個ほど見つけました。
イタリア人のセンスってやっぱすごいわ…。(笑)


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

スポンサーサイト
2015-11-29 18:55 : 雑記 : コメント : 4 :

甲州街道のイチョウ並木と高尾周辺

連休中日、「低いサドル×高負荷のローラー練習」でヒザを痛めてから久々のロード実走です。
まあ、やっぱり低いサドルは私に向いていなかったようで、教科書セッティングの`脚長×0.893=67.8cm'だと、結局`イスが低けりゃヒザにくる'という、これもまた教科書どおりのゴールに帰着することが身をもって分かりました。(苦笑)

実際、今回同行してくれた編集長さんに牽いてもらい多少アップダウンのある一般道を30km/h+αくらいで巡航してみると、元の定番サドル高69~70cm、計数でいえば`脚長×0.908~0.921'がいろんな意味で丁度いい感じでした。
ケイデンスも105あたりまでなら普通に維持できるし、110を少し超えてもサドル上のバンプなしで済みます。
何より、軽い登坂でペダリングに負荷をかけてもヒザの痛みがほとんど出ません。

あとはやはりサドルの前後位置と取付け角度でしょうか。
サドルを上げると当然サドルコンタクトが強まり、「ヒザは楽だが、尻痛い」になります。
…もう何度同じところを巡ったことでしょう。
でも、元の木阿弥、、などと言わず根気よくバイクの性格に合わせた適正ポジションを探って行きたいと思います。


で、向かった先は八王子~高尾方面。
季節柄、紅葉を眺めに近場の名所へ軽く流します。

まずは八王子のイチョウ並木。
甲州街道沿いにおよそ4kmほど続く黄色の景観はなかなか圧巻。見ごたえがあります。
この日は丁度、地元の方々によるイチョウ祭りが開かれていたので近隣一帯は大賑わい。
たくさん露店などが出ていて、こと中心地では人もクルマもびっしり混んでいました。

P1000605.jpg



そして高尾。
R20の渋滞がいよいよ厳しくなってきたな…と思っていたら、案の定です。
高尾駅周辺はもう人・人・人。
昨今のハイキング・ブームもあってか、ケーブルカーの乗り口まで入り込めないほどの混みようでした。

P1000611.jpg



とはいえ、もちろん駅周辺だって適度に紅葉しており、これだけでもイイ感じ。
しばし紅葉見物&芝生でコーヒー休憩します。
こういうところで飲む缶コーヒーは普段の3倍美味いです。(笑)

P1000608.jpg

P1000613.jpg



じつは今回、私のウッカリのせいで、コンディションのすぐれない編集長さんにそうとは気づかず無理繰り付き合ってもらう形になってしまいました。
ホントにすみませんでした。
そんな状況下でバイクの交換やポジション出しのアドバイス、ペースまで作ってもらってもう…ひたすら感謝です。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
2015-11-23 11:16 : ロード : コメント : 6 :

固定ローラー台とカーボンフレーム

「べつにダメじゃないけど、お勧めはしない。」
ネット上にあまたある先達のご意見を集約すると、こんなところじゃないでしょうか。
カーボンフレームで固定ローラー台を使用することについては。

`よくない'とする指摘の内容は、ほぼ一点に絞られています。
それはペダルの漕ぎ手が乗車した状態で車体の横振れが発生した際、フレームのチェーンステイ部分に集中して大きな負荷がかかる…というもの。
こと最近の軽量カーボンバイクに関しては、フレーム素材が薄くできているので場合によって破損の可能性も懸念されているようです。

しかしまあ、
私のデダチャイは軽量フレームじゃありませんし、乗り方だって多少モガきはするもののダンシングまではしません。
むしろ当面のテーマは『いかに車体を揺らさずペダリングするか』です。

そういう意味で今のところ`固定ローラー×カーボンフレーム'の組み合わせをあまり気にすることはありません。
…ありませんが、一方で何か打てる手があるなら対策しておくのも悪くない。

そこで、コレ。
ローラー台そのものに多少の横振れの余地を与えて、ダンパーでいなす方法です。
自転車のフレームにかかる負荷をローラー台に転嫁して逃がします。

P1000598.jpg

P1000599.jpg



ダンパーはじつにシンプルなものです。
ホームセンターで売っている厚手の硬いスポンジと、洗濯機・エアコン室外機用の制震台座ゴムを重ねてローラー台の脚の下へ敷くだけ。
費用も1,500円程度で収まります。

で、肝心の効果は…
うん、なかなかいい感じです。
硬すぎず柔らかすぎず、思った通りうまい具合に揺れを吸収してくれます。
おまけに、「揺らすまい」としてペダリングしていたつもりでも、自分の身体が横方向へけっこう振れている(!)ことも分かりました。

ほんの思いつきでやった割には効果大のような気がします。(笑)
よろしかったら、どうぞお試しあれ。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

2015-11-15 21:49 : モノ : コメント : 2 :

うまく休んで、いい走り。

自転車雑誌「CYCLE SPORTS」2014年9月号の表紙はとても印象的でした。
古びた木造駅舎と鈍色の光沢を放つチタンフレームのバイク。
オヤジごころに「あぁ、こういう旅がしたい」という思いが湧きだして、何か突き動かされるようにロングライドへの憧れが膨らんだものです。

20959_CS14_91_4_OL.jpg



先日、ふと思い返しあらためてこの表紙を眺めてみると、そこに意外な発見がありました。
「うまく休んで、いい走り。」
エモーショナルな写真にばかり目を奪われていましたが、こんないいメッセージが大きく書かれているじゃないですか。

ロードバイクで走ることと仕事をすることは、ある部分よく似ていると感じることがあります。
たとえば、
安全に気を配り、速度を高く保ちながら前へ進む作業であること。
疲れても脚を止めてはいけないこと、疲れ切って動けなくなってはいけないこと。
これでやっと坂を登り切った…と息つくそばから次の山が現れること。
そしてそれでも心を折ってはいけないこと。

このところの私といえば、気の休まらない仕事に、続く残業、休日出勤の日々。
意識してコントロールしなければ、きっとまた20代・30代の頃と同じようなワーカホリックに陥ってしまいます。

だからこそ、このメッセージ。
ホントその通りです。
うまく休んで、いい走り。
仕事も、自転車も。

淡々と延々と走り続けるために、こういう大人のやり方を身につけたいですね。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

2015-11-01 20:25 : 雑記 : コメント : 2 :
ホーム

プロフィール

東風

Author:東風
中学38年生(H28年度)
超本格派ローラー台乗り
脚質:猫パンチャー
特技:後悔

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。