スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

後寄せ?前詰め?…で、真ん中。

行ってきました、観てきました。
さいたまクリテリウム。
大ファンのデゲンコルブが走る姿をナマで観れるなんて、こんなチャンスをそうそう逃すものではありません。

結果、疾風渦巻くド迫力の走りをかぶりつきで体感できましたし、目当ての選手の優勝シーンまで観れちゃいました。
もう気分ホクホクです。
目の前をデゲンコルブが通過するとき、年甲斐もなくたびたび`ヨーーン!'とか叫んじゃいましたよ。(笑)
※デゲンコルブ選手のファーストネームが`ジョン'でそれを本人の母国ドイツ語で読むと`ヨーン'になるんです。

で、せっかくなのでカッコイイ走行シーンの写真を…と思ったのですが、速すぎてコレです。
一瞬で通り過ぎてしまうので、集団に紛れるともう誰が誰やらほとんど分かりません。(爆)

P1000502-2.jpg


**


日が変わって本日。

自分の自転車のポジション出しのため、午前中に多摩湖CRを周回していました。
するとなんと!
ラントレ中のバンブーさんにばったり遭遇です。

偶然の出来事にテンションが上がってしまった私は、ついつい一気にポジション迷宮の悩みをぶちまけてしまいました。
バンブーさん、ほんとトレーニング中にすみません。。

フレームの性質やトレの方法などいろいろな方向から検討し、どういうアプローチでポジション出しをやって行くか…
ここでバンブーさんから勧めてもらったのが、現状いちばん後ろへ寄せているサドル位置を逆にいちばん前まで詰めて、そこから脚の動かしやすい位置まで後方へさげて行くというもの。
ふむふむ。すぐに実践です。

するとなるほど、体感的にはこういう印象です。

【サドル後寄せ】
・ペダル上死点でヒザがラク

・ヒザの上げ下げで回す「重力ペダリング」ができるけれど踏む力は入りにくい

・だから軽いギアでのケイデンスはスムーズに上がるが実走でのアップダウンに弱い

・一方、サドルが低いままでも脚が楽に回るので股間は全然痛まない

・どこまででも距離は乗れそうな気がするが余程鍛えなければ速く走れない

・ペダル踏力を高いまま走ろうとすると勇気と根性がいる


【サドル前詰め】
・ペダル上死点でヒザが窮屈

・しかし脚全体でペダルを踏み抜く感じで力をこめやすい

・だから実走に使う重めのギヤでもケイデンスは上がる

・ヒザを解放するためサドルを上げる

・しかしそうするとサドルコンタクトが強くなり股間がメッチャ痛い

・ケイデンスを上げ続けるのに勇気と根性がいる


そこで迷いに迷った挙句、私の出した答えは「中間」。(笑)
体格が平凡、
筋力が平凡、
練習量が平凡。
こんな自分には極端を受けいれられるほどの器など備わっておらず、平凡…具体的には「真ん中くらい」がじつは向いてるのではないかと気付いた訳です。

実際にやってみると、これがなかなかどうして、意外にいい感じです。
うん、悪くない。
サドル高は自分にとってやや低めながら、教科書通り「脚長×0.893cm」のまま変えないで、前後位置をこの中間にセットして次回は実走してみます。
当面、まずはローラー台で感触を確かめてみましょう。

楽しみです。

P1000597.jpg


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

スポンサーサイト
2015-10-25 17:12 : ロード : コメント : 2 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
勇気と根性は必要ですね
あと私の場合は変な武器も必要なのです
おお!今日は書き込めたぞ!
最近下ネタばかり書き込んでいたら
不正な投稿と判断されまくってました。
2015-10-27 11:35 : タマチャリン URL : 編集
タマチャリンさん

確かに!
最近、しょーもない系のワード(笑)がメチャ弾かれるような気がします。
かくなるうえは伏せ字&隠語&ジャンキー大山語&カミアサ語をフル動員で対応しますか!!
…って、本文の記事の方は大丈夫すかね?
そっちの方が心配ですよ(爆)
2015-10-27 23:35 : 東風 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

東風

Author:東風
中学38年生(H28年度)
超本格派ローラー台乗り
脚質:猫パンチャー
特技:後悔

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。