スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

エンゾ氏の功罪、私の場合

DSC01381.jpg

私はエンゾ早川さんの紛れもないファンであり、氏の著書や寄稿文にはとても影響を受けました。
実際、ロードバイクに乗り始めたころは参考書がわりにエンゾさんの本を活用し、重要なページの端に折り目をつけて度々読み返しました。
それはもう自転車選びからライディング、セッティングに至るまで。

多くの自転車ライター方々の記事がどこか「ほら、オレたちプロだから」の目線で書かれているのに対し、エンゾさんの物言いは一貫して独特の経験譚とそれをベースにしたユーザー側の方法論に軸足が置かれています。
氏の書き物はつねに独善的ともいえる断定口調で語られますが、それこそエンゾ早川固有のパフォーマンスであり、読み手もそれを理解しながら接すれば、じつに頼もしく痛快な読み物として受け止めることができます。

一方、エンゾさんの言動に対しては強力なアンチの受け手がいるのも事実。
公器性のある雑誌メディアで個人的な経験にのみ依拠する独善を打ち立てれば、記事の内容が何であれ一部から猛烈な反発を受けるのもまあ仕方ないことでしょう。
科学的な論拠の乏しさ=「好き」だけで前に出る冒険。
これを「面白い」と思えない読み手にとって、氏の著述はひたすら鼻持ちならないものに違いありません。


なるほど顧みれば確かに、私自身、エンゾさんの著書から受けた強力な影響…というか呪縛?(笑)が解けたのは、ある程度真面目にトレーニングをするようになったつい最近のことでありました。

代表的なものはこんな感じ。

■サドルはぎりぎりまで後ろに引いて乗るべし
⇒体格・体型的に私には「前乗り」が合っていました。ロングライドもヒルクラも、前乗りで脚全体を使ったペダリングの方が身体への負担が少なく距離・速度を伸ばせるようです。

■ラクダのコブをつくるべし
⇒「骨盤を立てて乗る」ですよね、結局。肝心なのは背中の彎曲ではなく骨盤を立てること。この手の練習もしてはいますが、今はむしろ骨盤の角度・背中の彎曲にこだわらず上半身に力の入らない乗車姿勢をとるよう意識しています。私の場合、どうやらその方が遠くへ、速く、快適に走れる様なので。

■初心者はクロモリフレーム+手組みチューブラー・ホイールの自転車に乗るべし
⇒私はアルミ/カーボンのフレームに手組みクリンチャー・ホイールを当初購入しました。その後あれこれ試して、最終的には信頼できるショップでフレーム硬度を考慮し選んでもらった完組みホイール導入に落ち着いています。これで乗り味はじつに快適。詰まるところはバランス、だったんですよね…ホイールが手組みかどうかではなく。

■コンポはカンパニョーロこそ正当
⇒正直、カンパのコンポは使ったことありません。周囲であまり見たこともありません。長いことシマノの廉価な105にコンプレックスを感じていましたが、ペダル・プーリー・チェーンなど主要な摺動部品をDURA化することで今のところ実用面の不満を感じたことはありません。(笑)

■ヘルメットはかぶりません
⇒分かる。エンゾさんの気持ちや信念はわかりますが、私はかぶりますよ。今年の春、不覚にも落車して顔面2針+前歯1本折る大けがしましたし。



DSC01377.jpg

DSC01380.jpg

話が変わりますが、エンゾさんは学生時代ここ所沢にゆかりがあり、自転車の練習には所沢通信基地の周回コースを使っておられたとのこと。

先日、私も走ってみました。
1周5km。ゆるくて大きなアップダウンがありますが、上りでもサイコンの表示速度が30km/hを下回らないよう一定速度を維持します。

4周、5周… うん。いいコースですね、これ。
若干の信号ストップはありますが、舗装も整っていてとても走りやすい。
実際にエンゾさんが走った道をトレースしてみると、氏の氏なりに真面目に自転車へ向き合う姿勢が伝わってくるようで好感が持てます。


折角だから、久しぶりに「エンゾ早川」著の本を読み直してみましょうか。
現在の視点で読むと、また新たな発見がありそうな気がします。
おや。
成長して読み返してみて、都度発見がある…?
これって、やっぱり良書ってことじゃないですか。(笑)


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

スポンサーサイト
2014-11-24 22:41 : 雑記 : コメント : 3 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
実はですね~
私もノーヘルなんですよ
あ!勿論ノーブラです!
2014-11-28 11:04 : タマチャリン URL : 編集
レーパンの下はノーパン。
この前、山でノーパン仙人に会って言われたんですよ。
「スーツの下までノーパンにできないとは、まだまだ半人前じゃて」って。
…いつ一人前に飛翔しようか思案中す。
2014-11-29 13:10 : タマチャリンさん URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-10-19 00:47 : : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

東風

Author:東風
中学38年生(H28年度)
超本格派ローラー台乗り
脚質:猫パンチャー
特技:後悔

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。