スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

今年もアルプスあづみのへGO!

【アルプスあづみのセンチュリーライド】
今年も走ります。
アルプスあづみのセンチュリーライド(AACR)。
参加申込みの受付方法が今回は先着順に変更されたので、開始時間の少し前からPCの前に座り込み、朝10時ピタリに申込画面のエンターキーを押下です。(笑)
案の定、アクセスが混みあって接続まで少し待たされましたが、おかげさまで無事エントリーできました。
19時頃に申込状況を確認したらもう全カテゴリが受付終了になっていたことからも、このイベントの人気の高さが窺えますね~。

P1000285.jpg


【どう走ろうか】
とにかく楽しいづくしの去年のAACRでしたが反省が一つあるとすれば、それは`後半から完走タイムが気になって結局レースのような走りになってしまった'こと。
周囲にも同じ気持ちの方が多かったらしく、即席の高速トレインがあちこちで組まれて競り合いモードに突入です。
とくに終盤は下り基調で速度も上がりますし、のんびり景色を眺める余裕がほとんどありませんでした。(苦笑)
今年は…
去年より強力なバイクでの参加になることですし、登坂もずっとラクに行けるでしょう。
そのマージンをタイム短縮に使う…?

いや、
次のAACRは「翌日に疲れを残さず、全行程を楽しみつくす」を目標してに走ってみましょうか。
まあ何だかんだ言っても距離は160km。
どっちみちこの目標をかなえようとするなら、日頃のトレで十分脚を作ったうえで「とりあえずセンチュリーなんて楽勝ですよ」まで高めておく必要があります。
翌日に疲れを残さない、とはそういうコトです。

うん。これこそ大人の走り。(笑)
気に入りました。
やっぱりこれで行きましょう!

P1000274.jpg

P1000254.jpg


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
2016-01-31 20:02 : ロード : コメント : 0 :

新春カロリー・ラン

【食ポタ】
そういえば、これまでteam4Uにありそうで無かったのが「食メイン」の活動です。
ここサイタマはB級グルメの宝庫。
点在する名店をつないで線にすれば、無数のコースが出来上がります。

今回は初参加のメンバーHさんを交え、編集長さん、バンブーさん、私の4名で新春グルメトレイン運行です。


【うどん→豚丼】
コースは入間川CR~荒川CRを軸に平坦路で組み立てます。

ローディ定番の吉見総合運動公園で一服し、向かった第一の停車駅は吉見町の「四方吉うどん」さん。
私は土日限定メニューの`鳥塩うどん'を注文しました。

torishio1.jpg
(※画像はお店のHPから転載)

もちろん、評判通りの激ウマです。
じつはここに至る際、成り行きでバンブーさんとランデブーになり風の荒川峠で食欲まで削られていた私ですが、あまりの美味しさにあっさり完食できました。

ここから第二の停車駅、豚丼を目指します。
なお発車は食後すぐであります。

P1000673.jpg


荒川CR~入間川CRと元来たコースへ折り返し、狭山市入曽にある「豚丼きみお」さんへ。
こちらでは`炭火炙りチャーシュー丼(ねぎトッピング)'をいただきました。

P1000674.jpg

安心してください。
うどんを食べた後でも、あっという間に完食ですよ。
超ウマです。箸が止まりません。


【カロリー】
この日の走行距離はざっと95km。
摂取カロリー>消費カロリー
…なのは目に見えてます。でもイイんです。
美味しかったから。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
2016-01-11 17:04 : ロード : コメント : 4 :

散歩で収穫

【オフシーズン】
ウィークデイの疲れをたっぷり含んだ土曜はこのところ「使えない一日」になりつつあります。
詳しい話は差し障りがあるので省きますが、消耗しきった心身の回復に最低半日はかかるので早朝スタートが基本のロードになかなか出られません。
まあ、幸か不幸かこれからしばらく真冬の間は自転車趣味もオフシーズン扱いなので、ポジション出しや室内トレなど、どちらかと言うと「次の準備」に時間をかけるいい機会でもあります。


【散歩で収穫】
日曜昼、空いた時間を使って久しぶりに`ただ流すだけ'のポタリングへ出ました。
何となく脚が向いたのは入間川CR。
豊水橋を通りかかった際、川沿いに新しい遊歩道ができているのを見かけたので初めて橋のたもとへ下りてみました。
そこでちょっとした発見です。
遊歩道はともかく(笑)、豊水橋周辺の河川敷は「黒須市民運動場」として整備されており、そこには駐車用のスペースが沢山ありました。
遠方から車で自転車をトランポして入間川CR起点に走ろうと思うなら、これは便利です。
たとえば冬場のLSDで何人か集まって平坦を走る場合、ここを集合場所にすることもできそうですね。

あと、めっけモノがもう一つ。
迷宮に入っていたデダチャイのポジション・セッティングについて。
アタマを空っぽにして自転車を乗り回すうち、ようやっとひとつの割り切りができそうな気がしてきました。

P1000644.jpg


【200miles a day】
ポジション決めとは、結局、「どういう走りを想定するか」で変わってしまうことがよく分かりました。
スプリント向け、平坦アベレージ向け、登坂向け、軽登坂アタック向け等々…
突き詰めれば、私の貧脚にはオールマイティのセッティングなどありようもないのが現実でした。
でも、だったら。
趣味として走る以上やみくもにキツい練習を続けるだけじゃもったいない。
自分の今いちばん憧れる走りを目指してはどうかと思うようになりました。

いいおっさんになった私が憧れる姿。
…ロングライダー、です。何となくですが。

一日に200キロ走っても300キロ走ってもへこたれないタフな走り。
山岳も悪天候も鼻歌まじりで楽しんでしまう奔放な精神性。
ブルべに興味はありますが、自分の心情としてはまだそこまでかっちり形を整えなくても十分なんです。
ただ自分の脚で遠くへ、さらに遠くへ。
汗をかきハァハァしながら、まだ見たことない景色を眺め、吸ったことのない空気を味わいたい。
そんな方向のセッティングで行くことにしました。

・ハンドル地上高…5mm上げ
・サドル前後…3mm後さげ
・サドル高…1mm上げ
今日のところはこれでなかなかイイ感じです。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

2015-12-20 22:04 : ロード : コメント : 2 :

顔振峠でデダ試し

【日曜はダメよ】
本当は土曜朝に走りたかったんです。
…けど、またしても二日酔いで結局パアに。前夜セーブしたにもかかわらず、体調がまったくすぐれません。
もはや酒量にかかわらず「飲んだ次の日は走れない」と考えた方がよさそうですね。。
こんな状況で迎える今日、日曜の朝。
気が進まない中で走りに出たのは、峠が凍る前にデダチャイのフレームでの登坂を試しておきたかったからです。


【イメージはできていた】
平坦路の実走と週4日のローラー台によって、何となくではありますが登坂のイメージはできていました。
アルミにはない、カーボンフレーム独特の乗り味。
ペダルを下死点まで勢いよく踏み切った後、ほんの微妙な後味のように車体がスッと前に出る感覚。
ペダルを太腿から大きく回してこの「後味」が効いているうちに次のストロークを踏み出せば、軽々と山を上れるはずだ…と。


【走り出しは最悪】
今回も顔振峠へ向かいます。
鎌北湖側から入ると、序盤にいきなりキツい上りが待っています。
正確な斜度を測ったことはありませんが10%+αくらいでしょうか。あえてダンシング無しで走ると、呼吸する胸の芯がツンと痛んで深く息を吸えなくなりました。
普段なら、トレーニングで心拍数を170台までもって行ってもこうはなりません。
どうやら二日酔いならぬ「三日酔い」でコンディションが崩れていたようです。
我ながら情けないやら寂しいやら…

P1000625.jpg



【それでも走りは軽かった】
走り出しから20分を過ぎる頃、やっと脚が軽く回るようになってきました。
身体が温まってきたのでしょう。やはりウォーミングアップはやるべきだ、と痛感です。(←ってか、やってねーのかよ!?)
肝心の登坂性能については、当初アタマに描いていたイメージから、当たらずともそう遠からじ…なのだろうと思います。多分。
正直いうと、11sアルテグラに装備されている超軽いギア比(34×28T)に浮かれてこれを多用した結果、じつはカーボンフレームの特性を体感するような走りが山頂までほぼ出来ずじまいでした。。
いやホント、これまで味わったことのないペダルの軽さに驚き、調子に乗ってクルクルやったのはいいけれど、スピードに乗せるとかグイグイ踏むとかそういうのとは無縁の練習になってしまいました。
…何やってんだ、俺?

P1000628.jpg



【…ま、いっか。】
走りはグダグダでしたが、ひんやりと冴えた顔振峠の空気はとてもおいしく、快晴の眺望もなかなかです。
まあ本日はこれを味わえたのでヨシとしましょう。
ステキ快適な日曜の午前中ですよ。(笑)

一つ、これまでになく“疲労が少ない”と感じたのは収穫だったでしょうか。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

2015-12-06 18:11 : ロード : コメント : 4 :

甲州街道のイチョウ並木と高尾周辺

連休中日、「低いサドル×高負荷のローラー練習」でヒザを痛めてから久々のロード実走です。
まあ、やっぱり低いサドルは私に向いていなかったようで、教科書セッティングの`脚長×0.893=67.8cm'だと、結局`イスが低けりゃヒザにくる'という、これもまた教科書どおりのゴールに帰着することが身をもって分かりました。(苦笑)

実際、今回同行してくれた編集長さんに牽いてもらい多少アップダウンのある一般道を30km/h+αくらいで巡航してみると、元の定番サドル高69~70cm、計数でいえば`脚長×0.908~0.921'がいろんな意味で丁度いい感じでした。
ケイデンスも105あたりまでなら普通に維持できるし、110を少し超えてもサドル上のバンプなしで済みます。
何より、軽い登坂でペダリングに負荷をかけてもヒザの痛みがほとんど出ません。

あとはやはりサドルの前後位置と取付け角度でしょうか。
サドルを上げると当然サドルコンタクトが強まり、「ヒザは楽だが、尻痛い」になります。
…もう何度同じところを巡ったことでしょう。
でも、元の木阿弥、、などと言わず根気よくバイクの性格に合わせた適正ポジションを探って行きたいと思います。


で、向かった先は八王子~高尾方面。
季節柄、紅葉を眺めに近場の名所へ軽く流します。

まずは八王子のイチョウ並木。
甲州街道沿いにおよそ4kmほど続く黄色の景観はなかなか圧巻。見ごたえがあります。
この日は丁度、地元の方々によるイチョウ祭りが開かれていたので近隣一帯は大賑わい。
たくさん露店などが出ていて、こと中心地では人もクルマもびっしり混んでいました。

P1000605.jpg



そして高尾。
R20の渋滞がいよいよ厳しくなってきたな…と思っていたら、案の定です。
高尾駅周辺はもう人・人・人。
昨今のハイキング・ブームもあってか、ケーブルカーの乗り口まで入り込めないほどの混みようでした。

P1000611.jpg



とはいえ、もちろん駅周辺だって適度に紅葉しており、これだけでもイイ感じ。
しばし紅葉見物&芝生でコーヒー休憩します。
こういうところで飲む缶コーヒーは普段の3倍美味いです。(笑)

P1000608.jpg

P1000613.jpg



じつは今回、私のウッカリのせいで、コンディションのすぐれない編集長さんにそうとは気づかず無理繰り付き合ってもらう形になってしまいました。
ホントにすみませんでした。
そんな状況下でバイクの交換やポジション出しのアドバイス、ペースまで作ってもらってもう…ひたすら感謝です。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
2015-11-23 11:16 : ロード : コメント : 6 :
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

東風

Author:東風
中学38年生(H28年度)
超本格派ローラー台乗り
脚質:猫パンチャー
特技:後悔

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。